コドミンは何歳から飲める?

コドミンは多動性障害の子供向けサプリですが、子供といっても何歳から飲めるのでしょうか?

コドミンは明治のお菓子でヨーグレットというのがありますが、ヨーグレットのようなタブレットタイプになっています。

コドミン

味もまさにヨーグレット。ラムネとヨーグルトがミックスされたような味。

コドミンは、タブレットタイプのラムネ菓子を食べることができる年齢であれば、何歳からでも与えることができます。

多動性障害が気になるのは小学生に上がる頃というパターンが多いので、コドミンを購入するのは5~8歳くらいの子供を持つお母さんが多いようです。

でも、3歳でも、4歳でも食べさせることはできます。

コドミンに含まれているホスファチジルセリン(PS)は脳に最も多く存在しています。

そのため脳の栄養素とも呼ばれています。

ホスファチジルセリン(PS)は脳の神経細胞に集中していて、脳内での情報伝達や血流に影響を与えています。

ホスファチジルセリンには脳への血流を改善し脳細胞を活性化させる効果が確認されているので、記憶力や注意力、判断力、集中力の向上が期待できるんですね。

多動性障害じゃなくても、子供に与えると、頭が良くなりそうですね。

コドミンについて詳しくはこちら