ホスファチジルセリンの摂取量

ホスファチジルセリンは普通の食材に含まれている成分であるため、安全性は高いといえます。

現時点では、問題となるような副作用は特に確認されていません。

しかし、一日当たり500~600mgといった多量の摂取を続けると、胃腸障害や睡眠障害といった副作用が起こる可能性があります。

それでは、どのくらいの摂取量なら適切と言えるのでしょうか?

欧米で行われている臨床試験では、多くの場合「1日あたり約100~300mg」が目安量となっています。

この摂取量を続けることによって、記憶力の改善などの兆候も見られているといわれています。

ホスファチジルセリンの効果的な飲み方

ホスファチジルセリンは錠剤やサプリメントなどがあります。

ホスファチジルセリンの飲み方は、300mgの錠剤を一日2錠まで。

しかもホスファチジルセリンはイチョウ葉エキスと一緒に摂取するとより効果があります。

ホスファチジルセリンの効果とは?

ホスファチジルセリンが脳に豊富に存在すると、脳内細胞での新陳代謝が活発になります。

ホスファチジルセリンの期待される効果は、記憶力を高め、物忘れや判断力の低下を防ぐことはもちろん、アルツハイマー病、注意欠陥多動性障害、うつ病、ストレスなどの緩和、改善

予防効果があります。