ホスファチジルセリンがADHDの子供に効くということを聞いたことがありますか?

ここでは、ホスファチジルセリンが脳にどのような影響を与えるのか、ホスファチジルセリンを摂取できる子供用サプリ「コドミン」を紹介しています。

ホスファチジルセリンとは

ホスファチジルセリン(PS)とは、動物と植物の細胞膜に含まれるリン脂質の一種です。

人間の身体は37兆個もの細胞からできていますが、そのすべての細胞の膜にホスファチジルセリンがあるのです。

たんぱく質とともに細胞膜を構成しているのがホスファチジルセリンです。

ホスファチジルセリンは1941年にアメリカの生化学者フォルシュによって牛の脳から抽出されたのが最初です。

記憶障害の回復・認知症の改善などに効果があることが報告されています。

ホスファチジルセリンの副作用の報告は現時点ではされていません。

ホスファチジルセリンの働きや脳への効果

人間の体の中でホスファチジルセリンが最も多く存在しているのはどこだと思いますか?

それはです。

とくに脳の神経組織に集中しており、脳のリン脂質の約18パーセントを占めているのです。

脳内の情報伝達・血流改善に大きな影響を与えていて、ブレインフード(脳の栄養素)とも呼ばれています。

ホスファチジルセリンが脳に十分にあると、脳細胞内外の物質の流れがスムーズになり、老廃物が排出されて新陳代謝が活発になります。

その結果、脳細胞の働きも活発になり、アルツハイマーや認知症・記憶障害の改善、集中力・記憶力・判断力・注意力アップに有効です。

その他に、無気力・不眠・不安感や、うつ症状の改善、落ち着きのなさや感情的な行動の緩和にも有効です。

ホスファチジルセリンの具体的効果

ライザー(アメリカ)の報告によると、ADHDの小児に対してホスファチジルセリンを4ヵ月投与したところ、小児たちに見られた破壊的な行動パターンに対して鎮静的な効果が示唆されています。

また、集中力・注意力の広がりや記憶の保持、うつ・不安などの精神状態の改善にも効果があったようです。

ホスファチジルセリンを効率よく摂取できるサプリ

ホスファチジルセリンは食品では大豆に含まれていますが、その含有量はすごく少ないです。

脳機能の活性化のためには、1日100~200mgの摂取が必要ですが、大豆だと毎日1000粒以上食べる必要があります。

現実的には十分な量のホスファチジルセリンを摂取するには、サプリメントの利用がおすすめです。

ホスファチジルセリンを摂取できるおすすめサプリメント

ホスファチジルセリン(PS)は、 大豆にわずか0.003%程しか含まれていないリン脂質の一種です。

3,000件を超える臨床試験や論文によって集中や記憶、行動の落ち着きなどに有効だと期待されている物質です。

「コドミン」はそのホスファチジルセリン(PS)を1粒あたり100mg配合しています。

これは大豆3.3kg分に相当する量です。

ホルファチジルセリンはADHDに効く?

ホスファチジルセリンは、ここまで書いたように脳を活性化するので、ADHDに効果が高いと最近注目されています。

ホスファルジルセリンは、脳の細胞膜を柔らかくする効果があるため、脳細胞の血流が良くなります。

神経への伝達がスムーズにいくようになれば、精神も安定してきますから、ADHDの症状は抑えられます。

血流も良くなるために頭の回転もよくなり、ADHDが改善されたという報告が相次いでいます。

子供がキレやすくて不安な方にも

最近のニュースでも子供の犯罪が増えていますね。

キレやすい子供が増えているという話も聞いたことがあります。

感情をうまくコントロールできない子供が増えているようです。

最近の子供がキレやすいのは、食品添加物が多いものを食べているからということもあるようです。

私たちの身体や頭を作るのは、すべて食べたものからです。

まずは、食事に気を付けることが第一ですが、ホスファチジルセリンを摂取することも有効です。

※ホスファチジルセリンを1日100㎎摂取できるサプリはこちら