子供の発達障害の中で、最近クローズアップされているのがADHD(多動性障害・注意欠如)です。

ここでは、多動性障害の子供の特徴、チェック方法などについて調べたことをまとめました。

また、我が子が多動性障害だった場合に、どのように対応すると子供のためになるのか?薬で多動性障害を治せるのか?ということについてもお伝えします。

多動性障害の子供の特徴(年齢別)

多動性とは、文字通り動き回る性質ですが、具体的には次のような症状として表れます。

  • 落ち着いてじっと座っていられない
  • そわそわして体が動いてしまう
  • 過度なおしゃべり
  • 公共の場など、静かにすべき場所で静かにできない

元気の良い子供の場合は、少なからずこのようなことはあり、多動性障害かどうかを判断するのは難しいです。

しかし、放置しておくと、小学校に上がっても授業中に教室から出て行ったりする子供も出てきます。

ここでは、多動性障害の子供の特徴を「乳児(0歳〜1歳)」、「幼児(1歳〜小学校就学)」、「小学生(6歳〜12歳)」にわけてまとめてみました。

⇒ 多動性障害かも?子供の気になる特徴とは?

多動性障害の子供のチェックシート

ここでは、子供が多動性障害かもしれないと不安に思っているお母さんに、多動性障害の子供のチェック方法についてお伝えします。

幼少時は身体の多動性もありますが、年齢が高くなるにつれて頭の多動性が課題になりがちです。男の子と女の子ではあらわれ方も異なります。

2つのチェックシートを用意していますので、お子様の行動をチェックしてみてください。

このチェックシートの結果から、多動性障害かもしれないと思ったら、早めに専門医を受診することをおすすめします。

⇒ 多動性障害かもしれない?子供のチェック方法

多動性障害の子供への対応はどうすればいい?

自分の子供が多動性障害だったときの上手な対応法ってあるのでしょうか?

子供が多動性障害だったとしても、それはお母さんのしつけのせいではありません。

ですから、お母さんは自分を責める必要はありません。

ここでは、多動性障害のある子供への上手な対応法について4つご紹介しています。参考にしていただければ幸いです。

⇒ 多動性障害のある子供への上手な対応法

多動性障害の子供用の薬について

多動性障害は薬で治療することができるのでしょうか?

子供用の多動性障害を治療する薬について調べてみました。

現在のところ、子供の多動性障害に有効と言われているのは、「ストラテラ」「コンサータ」の2つです。

いずれも効果は抜群といわれているのですが、副作用などはないのでしょうか?

⇒ 多動性障害の子供用の薬は効果ある?副作用はないの?

多動性障害を改善する子供用サプリとは?

多動性障害は薬で症状を抑えることはできますが、我が子に副作用の心配のある薬は飲ませたくないですよね。

多動性障害を改善してくれるとママ達の間で話題になっている「コドミン」というサプリをご存知ですか?

注意力、落ち着きがなかった子供が、わずか数ヶ月で見違えるようになったという事例もあるサプリです。

コドミンの主要成分ホスファチジルセリンには、子供の脳に働きかけ、注意力、集中力を高め、多動性を改善する効果があるのです。

※子供の多動性障害改善サプリ「コドミン」とは?詳しくはこちら